推薦者および講師の声

・推薦者

 

実践分野の学習においては単純に用語の暗記をするだけでは事足りないことは皆さんも人生経験を通じてご存知だと思います。

 

保育士を目指す場合においてももちろん同様で、単純に詰め込み型学習をするだけではとても務まる仕事ではありません。

 

子供達の発達に関する正しい知識を身に付けることはもちろんですが、子供達と接することで実践力を身に付けることが非常に大切な仕事だと言えます。

 

それぞれ、保育士を目指す理由や目的は異なると思いますが、学習中はどうしても資格試験に合格すること自体が目標になりがちです。

 

しかし、保育士に求められることは資格を取ることだけではなく、子供を幸せにすること、さらにはそのために子供の発達に関する知識を身に付けながら、最適な援助の方法や子育て支援に関する知識および実践力を身に付けることが大切なのです。

 

当然ながら「子供が好き」という気持ちは保育士を目指す上で基盤となりますが、そこにさらに保育士としての熱意や意義を持って学習するようにしましょう。

 

そうすることで試験勉強がさらに有意義で、効率の良いものになるはずです。

 

例えば自分が将来保育士になった状態を想像しながら勉強するのはいかがでしょうか。

 

心理学の分野では、このように気持ちを込めて学習することで高い成果を得られることが証明されています。

 

中には当然、一度で全科目に合格できない人もいるでしょう。

 

そのような場合でも、保育士になるという情熱を諦めずに学習を続けるようにしてください。

 

ポイントは、合格することが目的ではないということです。

 

合格して初めて、本格的な学習が始まるのです。

 

この通信講座が多くの保育士を育成することを切望しています。

 

・講師

 

私は幼保一体型の保育所の運営をしていました。

 

現在日本では、幼稚園や保育所での教育保育の環境の整備が急務となっています。

 

また、保育士の資格は生涯有効な国家資格ですので、出産後も働けますし、子供と一緒に成長できるこの資格の素晴らしさを共有していけたらと考えています。

 

・講師一同の声

 

学習を進める上で出て来た質問および疑問は担当講師がしっかりフォロー。

 

通信教育はとかく孤独になって、途中で諦めてしまいやすいイメージがありますが、ヒューマンアカデミーの教材には継続できる仕組みが至る所に施されています。

 

ですから安心して学習に取り組んでください。