国家資格「保育士」の受験資格と試験日程

小さな子供達の可愛らしい笑顔に囲まれて、毎日楽しく働きたいと考えている女性は多いと思います。

 

子供達相手の仕事とはいえ、子供から教わることも非常に多く、共に泣いたり笑ったりしながら自分自身も成長できるのが保育士の仕事の魅力の1つですよね。

 

社会環境の変化や法改正による受験資格の緩和に伴い、国家資格「保育士」へのニーズはこれまで以上に高まっています。

 

可愛い子供達の笑顔を見ながら働ける保育士の仕事は魅力的ですが、保育士の仕事を得るためには国家資格を取得しなくてはなりません。

 

受験資格と試験日程は以下の通りです。

受験資格

下の項目のいずれかに当てはまる方は保育士資格試験の受験資格を得ることができます。

 

1. 学校教育法による大学の在学期間が2年以上で62単位以上を取得済みの者(見込み者も可)。
2. 学校教育法による短期大学もしくは専修大学の在学期間が2年以上もしくは各種学校の卒業者(見込み者も可)。
3. 高等学校を平成3年3月31日までに卒業した者。
4. 高等学校保育科を平成3年3月31日までに卒業した者。
5. 上記2および3位以外で高等学校を卒業した後、児童福祉施設での実務経験が2年以上ある者。
6. 児童福祉施設での実務経験が5年以上ある者。
7. 受験に際し、適当な資格を保持していると都道府県知事が認めた者。

試験日程

●筆記試験 / 8月初旬
マークシート方式で出題

 

●実技試験 / 10月中旬
3分野の内2分野を選択